お酒好きの人は要注意

お酒を飲む習慣がある人は多く、社会交流を深めやすくしたり、ストレスを緩和したりするのに役立つのは確かでしょう。看護師の中には日頃からストレスに苦しんでいて眠れないという状況に陥ってしまう人もいます。その対策としても予防としてもお酒を利用されることは珍しくないでしょう。毎日晩酌をする習慣がある人や寝酒をする人もいますが、それが本当に良いことかどうかはよく考えなければなりません。入眠を早くすることができて睡眠時間が確保できているという考えを持つ人もいるでしょう。

確かに眠れないストレスを緩和することはできますが、お酒によって生活改善ができているとは言えません。中枢抑制がかかることで入眠しやすくなるのは確かではあるものの、実際には自然な睡眠とは異なっていることが知られています。生活改善のためにお酒を飲むというのはできれば避けた方が良いでしょう。もともとお酒が好きだという人の場合には適量を守っている限りはストレスの緩和にもなるので決して悪いことではありません。しかし、眠れないからお酒を飲むという考え方は危険があり、十分な疲労回復の効果が得られない場合もあります。

簡便な睡眠対策であるのは確かですが、お酒が本当に好きだというのでなければ他の対策を練るように心がけましょう。始めてしまうとなかなかやめられなくなるのが晩酌や寝酒なので、それをまた生活改善の対象として考えなければならなくなるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です