看護師の人手不足の影響

看護師の仕事は、精神的、体力的に非常にハードであるとされています。そのため、限界を感じて辞めてしまう人も多く、深刻な人手不足に悩まされているのです。人手が足りないということは、おのずと仕事量が増えて負担が大きくなることにつながってきます。残業が多く定時に帰れなかったり、休みが少なくてプライベートの時間が持てなかったりするのです。また、夜勤を行わなくてはならない場合もあり、仮眠の時間があるとはいえ、少ない人員で業務を行っていると急な対応を強いられることもあり、仮眠をとれずに疲れを残したまま仕事を行うという時もあるのです。

その結果、心身共に疲弊をしてしまうという事態になってしまいます。心身の健康を乱してしまうことで、仕事はおろか、プライベートにまで悪影響を及ぼす危険があるのです。看護師は、人の命に関わる責任重大な仕事を行わなくてはならないですから、心身に余裕がなくて仕事にミスをしてしまえば、それが患者の命を脅かす、医療ミスへと発展してしまうこともあります。看護師の仕事を行うということは、心身共に健康で余裕を持った状態でないといけないのです。

そのためには、まず生活改善を試みることをお勧めします。休みの日にはどうしても夜更かししたりダラダラとしたりしてしまいますが、時間がある時にはなるべく心身の回復をするようにして、睡眠時間を増やしたり、お風呂にゆっくりつかったりと、リフレッシュさせることが必要です。質の高い仕事を保つためには、出来るだけ早く生活改善の方法を知ることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です